下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることもよくあります。

一括査定のサイトを利用することにより、

大規模な下取り会社の最大10社が 競売にかけるからです。

あなたの車が欲しい人達が買い取りの価格を

競いあってくれるので自然に買い取り価格の

値段が上がる仕組みになっています。

コレは利用しない手は無いですね。

走りを追求する方によって、走行性能はなくてはならない性能の一つです。

そして、軽自動車での走行性能を体感したいという方向けにオススメなのが、20187月にフルモデルチェンジした新型ジムニー。

前回のモデルチェンジから数十年経ってのモデルチェンジですので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

大抵の方は、車を購入する際、試乗してみたいと思っているはずです。

そこで今回は、試乗をしてみたい方向けに、試乗の仕方やポイントなどを理解してもらうために、試乗の予約や試乗レポートを紹介しますので、是非一読ください。

 

スポンサードリンク

車の試乗について(試乗時のポイントなど)

引用:https://www.google.co.jp

私自身、これまで何台か車を購入した経緯がありますので、車の試乗について、私の経験談をご紹介します。

私は主にディーラーでの車の購入をしてきましたが、他の車会社にも同じことがいえますが、いきなり来店して、「車の試乗をしたいのですが?」と言っても、自分の乗ってみたい車があるかどうかは、わからないというのが現状です。

ですので、電話などで、来店前に、試乗予約をしておくことをオススメします。

特に新型ジムニーなどといった、発売されたばかりの車については、グレードによっては、店頭に自分が乗りたい車の試乗ができないこともあるからです。

せっかくお店に行き、試乗できないとなるとちょっと残念な気持ちになりますよね。

 

基本的に車を購入する際は、何度か試乗してみて、自分の想像していた車の走行性能やノイズ音などの車の走りが実際試乗してみての結果と同じかどうかで変わってくると思います。

試乗のポイントとしては、まずネットなどで情報を集め、「この車はこういった走行性能の評価があるけど、実際の走りはどうなんだろう?」などと、試乗時のポイントとして数項目抑えておくことがいいと思います。

なお、試乗のポイントとしては、

・エンジンをかけた際のエンジン音や走行時のノイズ音

・加速性能

・フロントや左右、リア部などの運転時の視界

・運転席に座った際の座り心地(自分に合った座席でないと、運転時、腰が痛くなることがあります)

・ブレーキ性能

などがありますので、試乗する際、確認しておきましょう。

 

そして、新型ジムニーの車体本体価格は、グレードによっては約180万円するものもあり、大きな買い物の一つです。

その為、自分で知りたい情報を集めて、試乗を何度かするということが車を購入する際のポイントとなります。

なお、試乗予約については、ディーラーのホームページに、試乗車検索という項目があるので、そちらも試乗する際、参考になるでしょう。

以前私が車を購入する際、試乗予約をしないで行ったら、「現在お客様のご希望の車の試乗車の空きがありません。」と言われたことがありました。

ですので、店舗に行く前に、是非試乗車の予約をしておきましょう。

そして、店舗によっては、自分が乗りたい車の試乗車が置いていないケースもありますので、店舗に電話などをして事前に確認しておくことをオススメします。

 

また、試乗時の前に何度か、担当する営業の方と仲良くなることで、試乗時に、車について、いろいろ教えてもらえるケースがあります。

店舗などで車について相談している際、他に人がいると、どうしても気を使ってしまうことも多いもの。

そんな時、試乗していると、担当する営業の方と11で話ができる空間ができますので、結構割り切った話ができるケースがあるからです。

特に新型ジムニーは、悪路走行メインの軽自動車ですが、試乗時は、主に店の近くの舗装された道路を走ることが多いかと思います。

よって、悪路走行での走りを試乗で試すことができないため、直接営業の方と、悪路走行時の新型ジムニーの走りは実際どうなのか?と試乗中に聞いてみるのもいいかと思います。

 

スポンサードリンク

新型ジムニーの試乗レポートと評価

引用:https://www.google.co.jp/

では、実際に新型ジムニーを試乗した結果はどうなのでしょうか?

まず、新型ジムニーに乗って気づくのは、運転席からボンネットがはっきり見えるという点。

車高が高いため、その分運転席の高さが高いので、ボンネットがその分ちゃんと見えているという点はメリットです。

ボンネットがはっきり見えると、車体の先端がある程度把握しやすいので、大変便利だといえます。

そして、新型ジムニーは意外と小回りが利く点も魅力的です。

小回りがいいと、狭い道を曲がる際に大変役に立つので、悪路走行時に頻繁に狭い道を曲がることが多い方にとっては、助かるでしょう。

そしてエンジンについてですが、5MTのギアの入り方が非常に滑らかで、違和感なくギアが入るといった印象です。

ギアを切り替える際、違和感があると、スムーズにギアが入りづらいといったイメージがありますが、新型ジムニーの5MTのギアの入り方は非常にスムーズで、バランスいいシフトレバーのストロークといえそうです。

そして、ハンドル性能ですが、新型ジムニーは、ハンドルを切った際の反応が旧型と比べて良くなっています。

カーブの時のハンドルを切った際の反応がいいとカーブが曲がりやすくなり、外側に膨らんでしまうという現象が大幅に軽減される為、走りやすい車になったといえます。

また、ハンドルの遊びといって、ハンドルを多少切っても車体が曲がりにくいという現象がありますが、新型ジムニーでは旧型と比べてハンドルの遊びが少なくなっているため、問題なく曲がることが可能になっています。

新型ジムニーは、剛性を高めるために、新しいラダーフレームが設計されて、フレームの骨格(クロスメンバー)と、X字のXメンバーという部品が装備されたため、ボディの剛性が高まっています。

その為、重量が少し重くなり、加速する際は多少ゆっくり目な印象です。

新型ジムニーは耐久性能を高めているため、その分、加速性能は若干低めなようです。

それでも新型ジムニーの試乗評価は旧型と比べて高いという意見が多く、旧型よりも乗りやすいというレビューが多いという印象です。

 

なお、ジムニーの長距離走行は、特に乗り心地があまり良くないのでは?という意見がありますが、新型ジムニーでは、高速走行時のノイズ音の軽減や重量アップにより安定感が増したというメリットが多いことから、さほど気にする必要なないでしょう。

新型ジムニーは、主に悪路走行をメインとしているので、悪路を長距離走行する際は、最も性能を発揮する車といえそうです。

特にサスペンションなどはクッション性が良いものを使っているので、他の軽自動車とう比べると、悪路を長距離走行した際に、乗っている人の身体への負担が軽減されていると実感できるでしょう。

ですが、燃費性能は、他の軽自動車と比較して、多少低めになっていますので、高速道路での長距離走行に関しては、燃費性能が多少劣ってしまうという点は覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

新型ジムニーに試乗についてまとめ

新型ジムニーに試乗してみた評価とポイントについてご紹介しました。

一番は、乗る人がどう感じるかという点です。

他の方の試乗してみた感想を参考にするのもいいのですが、実際に自分で試乗してみると、また違ったイメージになることもありますので、まずは自分で新型ジムニーを試乗してみることが一番いいと思います。

人により、走行性能を重視したいとか、加速性能の違い、走行時のノイズ音などは、他の人が気にならないレベルであっても、自分は結構気になったりすることも多いので、是非新型ジムニーの試乗予約をして、何度か試乗してみることをオススメします。

ディーラーに相場より多く値引きしてもらうには?

ディーラーの値引き価格の相場を上回る値引きを行なわせるには?

ちょっと前に、ディーラーの値引き価格は実質相場が決まっているという話をしましたが、例外が存在します。

それは下取りをするという予定の場合に使えます。

ディーラーは今あなたの使用していた車を安く買い取って、

値引き価格を大きくして損しないようにするという技を使います。

それに対抗するのに、あなたの愛車を下取りして貰う予定だと

交渉を進めて値引き価格を増やしてもらいましょう。

最終買うときには「やっぱり下取りしてもらうのは辞めます」と

言えばそのまま値下げ相場価格より良い条件で買うことが出来ます。

このやり方が新車を最安価で手に入れる最終奥義というわけです。